■ 衿地縫い自動機(パターン形彫り装置付) U-3912-D 

 

ゼロ・リードタイム、ミニマム・アイドルタイム。
本機のみで縫いパターンとゲージの内製まで可能にした
ユニークな衿地縫い自動機!


ドレスシャツの縫製現場、衿地縫い工程に求められる、
様々な衿形状とサイズへのローコスト・短納期での対応力。
本機は縫いパターンデータと押さえゲージのユーザー内製を可能とし、
かつワンセットの縫いパターンと押さえゲージで、
様々なサイズ違い(360o〜600o)にワンタッチで対応。
しかも簡単操作、省スペース設計。
YUHOは本自動機で、シャツ縫製工場様の衿工程における
脱技能化、省力化、品質の均一化を強力にサポートします。

縫いパターンデータを工場内で手軽に内製 多種多様な衿地縫いの縫いパターンデータを本機のみで手軽に作成可能。
XY座標入力式のパターンデータは半分の形状をポイント入力すれば、あとはミラー複製機能で1枚分のデータ入力が完成。
最大24ポイントまで入力でき、繊細なカーブも忠実に入力できます。
また、作成済のパターンデータを後から部分的に修正することも、本機のみで簡単に行えます。
形彫カッター内蔵、押さえゲージを納期ゼロで内製 本自動機は工場内で押さえゲージを納期ゼロで製作可能です。
プラスチック板を専用ガイドに2枚重ねてセットし、入力された縫いパターンを利用して、左右2枚のエレメントを1度に自動で形彫を行うことができるという 、これ以上に短納期、ローコスト、かつ簡単なゲージ製作を実現した自動機は他にありません。
押さえゲージとセット定規をワンタッチで交換 縫製現場における生産性は個々のミシンや自動機の縫いスピードだけでは決して測れません。
今日、多種多様な形状やサイズへの対応を迫られる各縫製工場様におかれましては、生産性をアップさせるには部品交換も含む設定変更時、それを如何に迅速に行える機械を導入するかどうかが生産性を大きく左右します。
本機は形状違いの衿への作業変更時には、
1 )縫いパターンの選択、
2 )セット定規付け替え、
3 )押さえゲージ付け替え
の3つが必要ですが、そのすべてがワンタッチで行え、設定変更時に機械が停止するアイドルタイムを極小化できる親切設計。
押さえゲージはつまみネジ1本で素材セット定規はクリップで、それぞれ瞬時に脱着交換が行え、呼び出せます。
同形状・サイズ違いには寸法入力のみで対応 同形状で衿サイズのみの違いであれば、縫いパターンと押さえゲージはそのままで液晶画面に全長を入力するだけ。
あとは本機が素材セット用定規と押さえゲージを衿サイズに従って自動で移動させ、瞬時に設定変更が完了。
衿サイズは全長360o〜600oの範囲をカバーします。
マーキングライトとバキュームテーブルでセット作業が簡単正確 素材セットエリアには、左右2個のマーキングライトと吸引バキューム機能を標準装備。
セット作業時は衿の剣先の位置決めが、マーキングライトを見ながら、ピンポイントで素早く且つ簡単に合わせられます。
置いた素材はバキュームによりテーブル面に吸引されるためズレ難く、初心者でもミスのない、素早く正確な素材セット作業が可能です。
第二のテーブルがオーバーラップ・ワークフローのカギ 衿地縫い自動機の先代モデル(U-3412-D)からの最大の改良ポイントは、作業テーブル面より一段高い位置に追加された、素材セット・サブテーブルです。
作業者から見て手元側に、上下2枚の素材を重ねる作業を行うための小型専用テーブルを追加。
バキューム付き素材セットエリアに素材を置く際は、セット定規とマーキングライトを目がけて、 2枚を重ね終えた状態で素材を素早く 置くことが出来るため、よりスムーズでミスのない作業を行えます。
ワンピースカラーを含む、様々な衿形状に対応。 衿形状は衿先のR付きや一般的な剣先形は勿論、台衿付きのワンピースカラーも全く問題なく御使用頂けます。
十分な縫製エリア 衿地縫い用途に必要十分なタテ100o×ヨコ600oの縫製エリアを確保しています。
正確なシンメトリー形状、正確な首回り寸法 本自動機を導入すれば、初心者でも正確な形状でかつ完璧に左右対称な地縫いが行え、また首回りの寸法も1枚1枚がムラなく同一の寸法に仕上がります。
これは単に品質の向上と均一化だけでなく、衿地縫いの後工程である衿ステッチ工程の自動化も導入し易くなるというメリットもあります。
衿専用スタッカー装置の装備 縫い工程後、素材は落とし込み式のスタッカー装置により、きれいに揃えて自動積み重ねが行われます。
積み上がった素材が予め設定した枚数に到達すると自動的にイジェクトされる機構により、取り出しもラクラク行え、次の工程への搬送もスムーズです。
特許取得の下糸くり出し装置付きで縫い縮みゼロ YUHO独自開発の機構により、縫い縮みゼロでの地縫いを可能にしました。
特許取得の下糸繰り出し装置は、後進縫い及び全方位縫いでヒッチステッチの無いパーフェクトステッチ縫いを可能にし、また素材の厚さに応じ、下糸の最適な繰り出し量を設定することが可能です。

主な装置  ★ 液晶タッチパネル
 ★ 素材セット定規(衿サイズに応じた自動調節機能付き)
 ★ 押さえゲージ(衿サイズに応じた自動調節機能付き)
 ★ ポイント座標式衿形状入力機能
 ★ テーブル面吸引バキューム装置(ダンパー脱着式)
 ★ 3ポジション設計
 ★ 形彫りカッター装置
 ★ 形彫り切屑集塵機能
 ★ マーキングライト 2灯
 ★ 下糸くり出し装置
 ★ 糸切れ検知装置(T.B.D)
 ★ 取り出し装置付スタッカー装置
 ★ エァ−ガン
能  力  ★ 衿長さ40cmの場合
         1 サイクル  13 秒 : 100枚当り  21分40秒