■ 自動三ッ巻縫い自動機(手置き仕様・プレス付き) U-4010-D 
■ 
全自動三ッ巻縫い自動機(自動供給仕様・プレス付き) U-4010-D/AUT 

三ッ巻縫いの全自動/無人化、二つ折りもOK!


ポケット口の三ッ巻き縫い工程の全自動化、さらには無人化までも可能に。
三ッ巻は斜めバイアスの伸び易いもの、ラッパでは難しい完全三ッ巻、
或いは二ッ折りポケット口縫いなど、様々な仕様のステッチ縫いをカバー。
三ッ巻口にはステッチ縫い後自動でプレスがかかり、
スタッカーによりきれいに積み重ねが行われます。

ポケット布の三ッ巻工程を自動化 ポケット布を定規に合わせて置くだけで、1)三ッ折り、2)ステッチ縫い、3)プレス、4)積み重ね、これら4つの工程を自動で行います。
斜め口のポケットでバイアス地になる場合でも、ねじれが発生せず、またタテ縞素材の場合でも、縞目を正確に合わせたねじれのない完璧な三ッ巻縫いが行えます。
ラッパ方式ではなく三ッ折り方式を採用することにより、三ッ巻幅の変更が簡単、且つ正確に行えます。
簡単・正確に三ッ折り巻き幅を変更可能 自動または手動で供給されたポケット布は、抜き板、一時押え、折り板 前後、折りエアーにより、設定した折り幅に従い正確かつ確実に折り込まれます。
斜めバイアス地でも問題なく、正確な折り幅に折りこむことが出来ます。
三ッ巻部の長さは最大180oまで、三ッ巻幅は8〜30oの範囲をカバーし、巻き幅の変更はワンタッチで行えます。
美しい三ッ巻縫い 二ッ折りまたは三ッ折りされた後、素材は押さえパットにより針元に搬送され、ステッチ縫いが行われます。
その際、折り目がバイアス地になる場合や、伸縮性のある素材の場合でも、特許取得の下糸繰り出し装置の採用により素材の状態に係わりなく、ねじれのないパーフェクトなステッチ縫いを行うことが可能です。
180o以内の直線自動地縫いにも使用可 昨今、シャツのヨーク地の中心部を切り替え地縫いするデザインが増えていますが、こういったバイアス地の素材を正確に二枚合わせで自動縫いするニーズなどにも、本機をご活用いただくことが可能です。
注:180oまでの直線地縫いに限ります。
プレスまで全自動! 新たに三ッ巻されたポケット口を自動でプレスするプレス機が装備されました。
三ッ巻したポケット口を自動でプレスしてアイロン工程が省けます。
プレスは素材に合わせて温度、時間が自由に設定できます。
150oまでの自動縫いにも使用できます。 最近、シャツヨーク地の中心部を切替地縫いされるデザインが多く見受けられます。
この様なバイヤス地を正確に2枚合せで自動縫いするなど180oまでの直線地縫いも可能です。
プレス工程も全自動 三ッ折り→ステッチ縫いの直後、素材を自動でアイロンプレスするプレス装置を装備しているため、別途アイロン工程を設ける必要がありません。
プレスの温度、時間は素材に合わせて自由に設定が可能です。
液晶タッチパネルによる簡単操作 各措置の調整や設定が液晶画面で簡単に行えます。
自動供給(AUT)モデルでは、手動供給、自動供給の仕様変更もワンタッチで切り替え可能です。
スタッカー装置により全自動で積み重ね・取り出しまで プレスされた素材は、落とし込み式のスタッカー装置により、きれいに、かつ確実に積み重ねが行われます。
積み上げられた素材は50枚毎に、排出機構によりスタッカーケースに自動的に排出され、スタッカーケースは1個あたり最大250枚まで保持が可能です。
横縞合わせや厚物素材も 横縞の縞目に合わせた正確な三ッ巻き縫いも、本機は難なくカバー。
また、厚物で自動折りが困難な素材の場合でも、オペレーターが軽く手を添えるだけで、確実な三ッ巻ステッチ縫いが行えます。
自動供給トレー(AUTモデル) リフト式の自動供給トレーは、ポケット布の形状、サイズ変化にも柔軟に対応できる受け台を装備。
受け台のガイド棒はポケット布の形状に合わせ、ワンタッチで位置の調整が自由に行えるため、何種類ものポケット布に迅速に対応できます。
最大積載量は素材を積み重ねた際の高さが最大180oまで。
また、AUTモデルは手置き用テーブルも同時に装備していますので、必要に応じて、自動供給、手動供給を使い分けることが出来、しかもワンタッチで切り替えが可能です。
最も確実な素材ピックアップ方式を採用(AUTモデル) 素材のピックアップ・リリース装置には15o幅の粘着テープを2本採用。
テープの粘着面は1枚の素材あたり0.2oを使用し、絶えず新しい粘着面 が自動的に繰り出されることにより、素材ピックアップの高い確実性を実現しています。
ポケットサイズ、及び三ッ巻幅に応じ 、ピックアップ・リリース装置を自由に設定(AUTモデル) 素材のピックアップ・リリース装置は忍びポケット布など最小70o幅から、最大180oまでのサイズに対応。
素材に合わせて、2本のテープの幅を調整することができ、確実なピックアップ動作が行えます。
ポケット布の供給量(=前後方向のリリース位置)調整は、三ッ巻幅8〜30oまで、必要に応じて自由に設定可能です。
素材ロスやアイドルタイムの最小化 自動供給トレーに素材がなくなった場合(AUTモデル)、糸切れ検知装置 が糸切れを検知した場合には、液晶画面に赤色警告画面が表示され、同時に運転を自動停止します。
また下糸カウンター機能により、ボビンの下糸が残量ゼロになるタイミングを予想し、カウンター0になると自動停止します。
このように本機は、状況に応じ適宜運転を自動停止することで、素材ロス やアイドルタイムを最小化し、トータルでの運用コストを低減します。
メンテナンス性に優れ、圧倒的に故障の少ない製品設計 各装置の動作順の確認や動作チェック用に、一連の連続動作を1ステップずつ動作させる、ステップ送り運転モードが用意されています。
また、ミシン頭部を簡単に起こすことが出来る機構設計など、保守点検 のしやすさにも十分に配慮した製品設計がなされています。

オプション  ★ 折込み抜き板(ワンタッチ交換付)
 ★ 追加スタッカーケース
能   力  ★ 1サイクル 8秒    2,880 枚 / 8H (余裕率 20%)
主な装備  ★ プレス装置(温度設定及びタイマー付)
 ★ 素材自動供給装置(AUTモデル)
 ★ 手置テーブル
 ★ 下糸残量カウンター
 ★ 液晶タッチパネル表示器
 ★ スタッカー装置
 ★ T.B.D. (糸切れ検知装置)
 ★ エアーガン
 ★ FP Data7 ソフトウエア(同梱CD)
 ★ USB Type A ― mini B ケーブル